2019.08.13 31PV

GMOコイン株式会社と「FC琉球コイン(FCR)」プロジェクト推進に向けた合意のお知らせ

この度、FC琉球を運営する琉球フットボールクラブ株式会社(代表取締役社長:三上 昴)とGMOコイン株式会社(代表取締役社長:石村 富隆、以下GMOコイン)は、ブロックチェーン技術を活用したFC琉球の新ファンクラブサービス「仮名:FC琉球コイン(FCR)」開発プロジェクトを相互協力の元に推進することで合意いたしましたので、お知らせいたします。

■「FC琉球コイン(FCR)」プロジェクトについて
FC琉球が2019年度内にサービスリリースを目指す、ブロックチェーン技術を活用した新しいファンクラブサービス。年間協賛金やJ2昇格ボーナスをビットコインで贈呈するなど新しい形での支援をしてきたGMOコイン株式会社は、FC琉球と共に、この共同プロジェクトによりブロックチェーン技術の特徴を活用した地方スポーツクラブの新たな資金調達手法によるチーム運営確立と、よりプレミアムなファン・サポーター向けサービスの企画開発※を進め、将来的には沖縄県全体でのトークンサービス運用を目指すものとします。
※本プロジェクトの企画開発は国内初のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」を企画開発する株式会社グッドラックスリー(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:井上和久)より協力を得ます。

■GMOコイン株式会社について
GMOコイン株式会社は2016年10月に、GMOインターネット(東証一部上場)グループの仮想通貨による投資の機会を提供する部門として設立され、2017年9月には、金融庁の仮想通貨交換業に登録されました。GMOインターネットグループで培われたIT関連事業および金融事業における知見と豊富な金融実績を活かし、堅牢なセキュリティと管理体制のもと、仮想通貨の取引ができる環境をご提供しています。GMOコインは、安心No.1の仮想通貨交換業者を目指すとともに、仮想通貨交換業界の発展に貢献してまいります。

<GMOインターネットグループの取り組みについて>
GMOインターネットグループは、多くの方の笑顔・感動を創造するべく、様々な文化・スポーツの活動支援・協賛を行っています。2016年からは、『世界に通用するNo.1アスリートの育成』を目標に「GMO アスリーツ」を創設。現在、男子陸上競技(長距離)で活動しています。また、GMOクリック証券では、日本水泳連盟への協賛を通じて水泳の日本代表選手を応援しています。GMOインターネットグループは、今後もスポーツへの協賛等を通じて、スポーツ界の発展に寄与してまいります。

GMOインターネットグループの取り組み:https://www.gmo.jp/company-profile/group_activities/

■株式会社グッドラックスリーについて
グッドラックスリーは国内初のブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」をはじめとするブロックチェーンプロダクトのサービス企画・開発・運営をはじめとし、スマートフォンゲームや映像制作など多くのエンタテインメントコンテンツを展開し、福岡から世界中の人々の心を繋げて笑顔にすることを目指しています。

・社名 : 株式会社グッドラックスリー

・URL : http://www.gl-inc.jp/

・設立 :2013年2月

・資本金:9億788万円

・従業員数:35名

・事業所: 福岡県福岡市中央区天神3-14-31 天神リンデンビル2F

・代表取締役 :井上 和久

■FC琉球について
FC琉球は、沖縄県沖縄市をホームタウンとするプロサッカークラブです。2003年に設立し、2018シーズンのJ3優勝を経て、2019シーズンよりJ2での初年度を迎えております。「沖縄を愛し、沖縄に愛される」というクラブ理念のもと、沖縄県民に愛され誇りとなるクラブ作りを目指しております。クラブとしてのmissionはサッカーを沖縄の文化にすること、そして沖縄に熱狂を作るということです。

・チーム名:FC琉球

・ホームスタジアム:沖縄県総合運動公園陸上競技場

・社名:琉球フットボールクラブ株式会社

・所属:明治安田生命J2リーグ

・所在地:沖縄県沖縄市安慶田5-1-16 グランシャトレ安慶田2階

・設立 :2013年5月

・代表取締役社長:三上 昴

・URL:http://fcryukyu.com/