2019.04.15 11PV

ブロックチェーン IOST 開発者コミュニティ、大阪のコワーキングスペース「Singularity HIVE」の利用が無料に

ブロックチェーン・インフラストラクチャーを開発するIOSTの開発者コミュニティメンバーは、ブロックチェーンに特化したコワーキングスペース「Singularity HIVE(シンギュラリティーハイブ)」を、無料で利用(試用期間中)できます
報道者関係各位

ブロックチェーン・インフラストラクチャーを開発するIOST/IOS財団(本社:シンガポール、代表:Jimmy Zhong)の日本の開発者コミュニティメンバーが、ブロックチェーンに特化したコワーキングスペース「Singularity HIVE(シンギュラリティーハイブ)」(運営:株式会社Xtheta(シータ)大阪府大阪市、代表取締役CEO:武藤 浩司)を、無料で利用(試用期間中)できることを発表致します。
 

 

【背景】
IOST/IOS財団の日本担当チームは、昨年日本での活動開始から地方でのブロックチェーン技術の理解と潜在的な開発者の育成に力を入れてきました。東海・東北地域の大学でのワークショップを主催、関西のブロックチェーン勉強会に積極的に参加してきました。今年2月にメインネットがリリースされた後、開発者コミュニティメンバーの活動は目に見えて加速してきています。
 

【目的】
関西エリアでのブロックチェーンの潜在的なエンジニアの発掘と育成を目標に、プラットフォームを超えた開発者が集まり、IOST開発者コミュニティメンバーが、プロジェクトの活動と情報交換をするスペースとしての利用を目的とします。

【実施期間】
2019年4月16日~6月15日
*上記の2ヶ月間を試用期間として以降の継続を決める

【対象者】
IOST開発者コミュニティメンバー(学生、社会人問わず、エンジニア志向者含む)

IOST開発者コミュニティメンバーとは?
SlackのIOST開発者コミュニティ内の「日本語コミュニティ」グループに参加している個人

【利用対象の活動】
IOSTに限定しない、ミーティング、交流、クリエイティビティを高める、すべてが対象

【利用時間】
10:00 –21:00

【利用の流れ】
1.  IOST開発者コミュニティ(Slackグループ)に参加; https://invite.iost.io
2.   1.内「日本語コミュニティ」に参加;SlackID:MakotoOtaにDM(ダイレクトメッセージ)
3.   IOST 日本のツイッターをフォロー; @IOSToken_jp
4.   Singularity HIVEのツイッターをフォロー; @SingularityHive
5.   利用を事前にSingularity HIVEのツイッターへDM(ダイレクトメッセージ)で通知する
a.   通知する内容;利用日時(当日可能)、人数(*1)
6.  来館して利用(*2)、推奨;SNSで利用を発信
*1 来館される方は全員上記コミュニティの登録をお願いします
*2 初回の方は受付で簡単な登録が必要です 

【問い合わせ】
IOST/IOS財団  日本担当チーム:太田真 / Japan Growth Lead / makoto.ota@iost.io
または、IOST日本のツイッターへDM(ダイレクトメッセージ)
 

 

【Singularity HIVE(シンギュラリティーハイブ)】
運営ディレクター:岡崇(おかたかし)
所在地:大阪府大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル 2F
公式ウェブサイト:https://singularity-hive.com

【IOST/IOS財団(シンガポール)】
高速TPSを可能にするコンセンサスメカニズムのPoB(Proof-of-Believability)を採用するブロックチェーン・インフラストラクチャーを開発。セコイヤキャピタル(中国)を含む複数のグローバル・プライベートベンチャーキャピタルが支援。中国民用航空局(CAAC)の航空宇宙プロジェクトにおいて、自立型航空機を開発するEHangと戦略的パートナーシップを締結。
公式ウェブサイト(英語):https://iost.io