2019.03.18 18PV

地震データの改ざんを防ぐ、ブロックチェーンを活用した、画期的なシステムを開発

不動産テック の 株式会社ZWEISPACE JAPAN (ツバイスペース 東京都千代田区)は、同社が提供している耐震強度測定アプリ『 ナマズ 』の次世代版の測定実施拠点として、全国各地の建設会社パートナーを募っているが、この度、地震データの改ざんをブロックチェーンで防ぎつつ、AIを使って、地盤調査を含めた地震の被害シミュレーションを可能にする画期的なシステムの特許を取得した上で、商用サービスの開発に着手した。今後、全国各地の大小さまざまな建設会社、開発パートナーと共に導入と、システムの継続的改良を進めていく。
今回ツバイスペースが取得した特許は、IoTセンサーにより、より詳細な地震データを、国のシステムよりも著しくローコストで取得し、AI技術を使いより高速で精緻な予想を行い、ブロックチェーンを活用し改ざん防止を行うという画期的な技術についてだ。ツバイスペースが数年前に早期出願して取得したブロックチェーン関連の特許の一つでもある。世界に先駆けて不動産業界のブロックチェーンの特許を取得し、展開しているツバイスペースが、今回新たに、建築業界で、日本にとって重要課題である地震に関する最先端のソリューションを提示することとなった。先週末の、地震計測データの改ざんという報道を受け、取り急ぎ改ざん防止の機能を備えたシステムにつての特許取得と、同システムの開発についてのアナウンスであり、特許の内容や、システムの詳細については、後日改めて発表するとしている。

ZWEISPACEは、人間の約30,000倍の高速でプランが入る、ロボット建築士、鑑定士 『オートカルク』や、耐震強度測定アプリ 『NAMAZU』を発表し、また、金融業界を中心に、最先端技術の一つとして期待されている、ブロックチェーンを活用した不動産売買管理システム(特許取得済)の提供を開始するなど、各方面から注目されておりますが、今回は、包括的地震対策システムについてのリリースとなる。ZWEISPACEは、今後も、不動産業界、建設業界をインターネットで革新的により良くしていくアプリを、日本発、世界へ、順次発表していくとしている。