2019.02.27 739PV

eFinance GroupがSTO最初の金取引会社になりました

eFinance Groupは証券トークンの発行を通じて資金調達を可能とする世界初の金取引会社となりました。eFinance Groupはカスタマイズされたゴールド投資ソリューションとして効果的な資産管理戦略を提供・専門とするグローバル資産管理会社です。eFinance Groupは今後のトークンを保証するため、金ポートフォリオを使用することを発表しました。これはブロックチェーンコミュニティと世界中が喜ぶメッセージであり、ますます多くの大企業がこの資金調達方法を試しています。STOは厳格な監督と見直しの対象となり、デジタル資産の形で発行された証券です。この特徴があるため、業界の信頼はますます強くなれるでしょう。

 

eFinance Groupは証券トークンの発行を通じて資金調達を可能とする世界初の金取引会社となりました。

同社が発行する暗号通貨トークンは会社の金ETF、金オプション、金先物および金と金鉱の株式、金ポートフォリオを基に担保としております。

eFinance Groupはカスタマイズされたゴールド投資ソリューションとして効果的な資産管理戦略を提供・専門とするグローバル資産管理会社です。同社は2007年に設立され、スイスのチューリッヒに本社を置いています。

同社は官民ミックス戦略と研究主導型の金分析アプローチを通じて投資家に大きなリターンを生み出すことを目的とした管理アカウントを含む投資プラットフォームで資本を管理しています。

ICOから発見されたいくつか保証問題を解決するため、証券トークン発行(STO)が登場し、クラウドファンディングを活用する新しい方法となりました。これはブロックチェーン業界において新しく重要な成長点になると予想されています。

Node Blockchainsの最近の調査によると、トークン投資家は会社とその資産を実際に取得できるようになるため、STOは資金調達によりよく運用できます。ICOとは異なり、プロジェクトが約束された目標を達成しない限り、投資家がICOで獲得するトークンは価値がありません。

eFinance Groupは今後のトークンを保証するため、金ポートフォリオを使用することを発表しました。これはブロックチェーンコミュニティと世界中が喜ぶメッセージであり、ますます多くの大企業がこの資金調達方法を試しています。STOは厳格な監督と見直しの対象となり、デジタル資産の形で発行された証券です。この特徴があるため、業界の信頼はますます強くなれるでしょう。

eFinance Groupはオーストラリア証券投資委員会(ASIC)から営業ライセンスを取得しており、現在、北米、南アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、アラブ首長国連邦、南アフリカにオフィスを持ち、8,000以上のグローバル機関と顧客にサービスを提供しています。

2019年1月の時点で、同社は23億ドル以上の運用資産とおよそ8億ドルの金ストックを持っています。