2018.12.25 352PV

中国(長春)日本経済貿易協力交流会が東京で開催

中国(長春市)と日本の経済貿易交流協力の発展を目的として、長春市人民政府主催の「2018 中国(長春)-日本経済貿易協力交流会」 が、2018 年12 月8 日に CIRQ 新宿で開催され、子燕国際文化センターは、当交流会の通訳として参加いたしました。
中国(長春市)と日本の経済貿易交流協力の発展を目的として、長春市人民政府主催の「2018 中国(長春)-日本経済貿易協力交流会」 が、2018 年12 月8 日に CIRQ 新宿で開催されました。子燕国際文化センターは、日本と中国をつなぐサポート役として、今回の当交流会の通訳を担当させていただきました。

 

今回の「2018 中国(長春)-日本経済貿易協力交流会」では、当日、吉林省委員会常務委員、長春市委員会書記の王君正氏をはじめ、長春市 政府副市長の賈麗ナ氏(議長を担当)、及び長春市の関連政府部門、都市区、開発区の指導者の方々、日本からは早稲田大学の小林英夫教授と日中イノベーション研究所の創設者が参加しました。
当交流会で、中日双方経済貿易交流に向けて、新たなきっかけを作り、新しい日中友好の未来を開拓する一助となりました。

 長春新区、南関区、寛城区、農安県及び重点園区が、それぞれの区の文化や産業、国際投資に関するプロジェクトについてプレゼンテーションを行い、日本の製造業、農業製品の加工、サービス業などの分野において最新の情報交換の場となりました。当交流会で中日双方経済貿易交流に向けて、新たなきっかけを作り、新しい日中友好の未来を開拓するものとしています。

交流会では、王君正氏が、実践的な協力の深化とより良い未来の創造をテーマにしたスピーチを行い、 長春の資源優位性、社会経済、産業発展状況、将来の発展について多角的に説明し、日本の起業家にとって、長春をより理解するための扉を開きました。
 

程永華大使は、今年7月に吉林省長官が代表団を率い、首相の初訪日を実施したことで、吉林省が日本との協力関係を発展させることの重要性を痛感したといいます。 今回は、両国首脳間の意見交換後、ワンジュンシェン事務総長が訪日し、日中両国間の相互に有益な協力関係の実施をさらに深めることを約束しました。

小林教授は、「日中協力は双方にとって有利な状況であり、時代の流れでもある」「長春とは深い関わりがあり、過去に10回以上訪れて交流しています。将来的には長春や中国の生産・研究・研究機関との交流や協力を望んでいます。」と述べました。

 

 長春出身の若手起業家、かつQEグループの会長である邱実i氏は、長春が建設中の中日健康産業園とインキュベーターについて紹介しました。

邱実氏は、「QE グループが長春に国際的な医療および健康産業のインキュベーター基盤と日中の医療および健康産業の技術に基づく研究成果の転換基盤を構築している」と述べ、さらに「 QEは、クロスボーダー医療をエントリーポイントとし、ブロックチェーン技術と医療および健康産業を組み合わせ、データを蓄積し、リソースを集め、将来的には中国で複数の健康産業のインキュベーション拠点を構築する予定です。同時に、私は故郷の長春に最初の大きな健康的な町を建設することを計画しています。」と続けました。
 

 近年、より多くの日本の医療および健康関連の品質技術およびプロジェクトが長春に定着することが求められています。そのためには、中国および日本の先進技術および資源が長春市に根付くことを目的とし、より多くの中日協力プロジェクトを工業化することが必要となるでしょう。