2018.11.07 9PV

個人認証プラットフォーム「BaaSid」が医療事業においてLeadtek社とのパートナーシップを締結

個人認証プラットフォームの「BaaSid」が台湾の約200カ所の病院、医療機関などにヘルスケア製品を供給しているLeadtek社と同社が展開する医療事業においてパートナーシップを結びました。

個人認証、データ分離/分散プラットフォーム事業を推進している「BaaSid」が台湾の約200カ所の病院、医療機関などにヘルスケア製品を供給しているLeadtek社とパートナーシップを結びました。

 

今回の連携で、BaaSidプラットフォームを通じ台湾地域の「医療諸般証明書」、「顧客認証」等の事業化および市場開拓、パートナーの発掘のための協力関係を深め、共同してビジネスモデルを開発してゆくこととなります。

 

Leadtek社はNvidia社とともにGeForceグラフィックカードを開発、世界150カ国に流通しPC市場の爆発的な成長を導きました。同社は病院や医療研究部門と協力して、Leadtek HealthcareとMedical Cloudソリューションを開発しており、台湾の約200カ所の病院、医療機関などにヘルスケア製品の供給もしています。

 

BaaSidとは株式会社BaaSid Lab Japan(神奈川県横浜市 代表取締役 大高潤)が扱うブロックチェーンを用いたハイレベルなセキュリティ認証システムです。ブロックチェーンベースの暗号化、分離、分散技術をもとにしたデータベース不要のインスタントアクセスAPIと関連ビジネスモデルを持続的に開発しているシンガポール、日本、台湾などの専門家が参加したグローバルプロジェクトです。 

 

Leadtek

https://www.leadtek.com

BaaSid

https://www.baasid.com

 

【プレスに関して】

「株式会社BaaSid Lab Japan」

本社:〒231−0023 横浜市中区山下町123番地1 横浜クリードビル6F

代表:代表取締役 大高 潤

 

事業内容:

・ブロックチェーンソリューション BaaSidおよびBaaSinfraの国内プロモーション、販売

 

WEBサイト:https://www.baasid.com

 

お問い合わせ:

株式会社CryptoLab

sales@cryptolab.jp